高速バスの安全面はどう?本当は危険?

たくさんの高速バスが東京と大阪の間を行き来しています。

時間的には8時間ほどかかりますが料金はわずか数千円です。

他の移動手段でこの区間を移動するとなると新幹線でなら時間は3時間かかり費用は大体15000円くらいになります。

飛行機なら飛行時間は1時間強と早いですが一万円以上の費用と空港への移動手段が気になる点ではあります。

そう考えていくとバスでの移動は費用面で最も恩恵が大きいと言えるでしょう。

時と場合によって何を最優先にするかは異なるでしょうし自分が一番希望するものをはっきりさせておくと良いでしょう。

長時間の移動でどうしても気になってくるのがスマホやタブレットなどのバッテリー残量。

隙間時間だけいじっていたつもりでも気づけば残りわずかになっていてびっくり!と焦ったことがある人は少なくないでしょう。

充電ができる乗り物には身近なところで新幹線がありますが実はなんと高速バスにもコンセント付きのものがあります。

情報サイトによってはその特集も組まれるほど利用者側にとっても嬉しいサービスのひとつとなっています。

個々の座席に設置されているのも利用しやすくて嬉しいですね。

高速バスで移動中に便意を催してしまったら...考えるだけでも恐怖です。

就寝時間帯に移動するタイプのバスならそれほど困らないかもしれないですが、どれもほぼ乗車時間が数時間を超えますから何度か行きたくなるということもあり得ます。

大抵2時間おきくらいに休憩が入るので何時間も我慢を強いられることはないでしょうが、例えば車酔いで今にも吐きそうなときなどただちに行かなくてはならない状況に陥る可能性もゼロではありません。

でもトイレ付きバスならそんな不安も吹き飛ばしてくれるでしょう。

バスの中にあると思えるだけでも気分が全然違いますよ。

電車や街中を走っているバスには回数券というものがありこれは1回分余計に乗れたりしてお得なのですがただでさえ安い高速バスにもあるのでしょうか。

情報サイトや各会社のホームページをチェックするとやっているところもありました。

ビジネスなどで使うことが多い路線が対象となっているならこういったものを取り入れるとさらに節約になると思います。

ただしそれぞれには有効期限があったり当たり前ですが数枚まとめての購入だったりするので自分の用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

使いきるのが無理そうなら払い戻せる場合もあります。

バスでの長距離移動は特に女性一人で行く長旅となると防犯的にどうなのかという不安もあるかもしれません。

それでなくてもすっぴんになったり無防備な格好になったりするのでできることなら近くに男性はいてほしくないと考えるのも自然なことかと思います。

そういうときにありがたいのが女性にだけ乗車が許された女性専用の車両です。

車内でエリアを区切って男女別に対応しているバスもありますが一車両まるごとというのなら気楽なものです。

目的に合わせた車両選びをしましょう。

数時間に及ぶ移動時間をどう有意義に過ごせるかというのは実際高速バスを利用したことがある人なら考えたことでしょう。

じたばたせず寝れば良いという潔い人もおられるでしょうがせっかくなのでできる用事を済ませたいと考える人ももちろんいるでしょう。

それぞれのホームページをチェックすると会社によって無線LANが搭載された車両が選べたりするようです。

ネットは仕事をするにもゲームをするにもあるとありがたいですし、モバイル機器を持つ人が増えた昨今では需要が増えてきているのかもしれません。

当然ですがパソコンやゲーム機を使うときには音などに気を付けてみんなで快適に過ごしたいですね。

大型車による事故がここ数年様々な場所で起きています。

連日流れるなんてこともしばしばありますから気になっているという人も多いかと思います。

高速道路というのは速く走るための道路ですから車はある程度速いスピードで走行しています。

技術的にも大きな車はそれだけで動かすのが難しいですしスピードが出れば出るほどパワーも恐ろしいほど大きくなります。

実は事故率で見れば特別高いわけではないそうですが運転する人の手に頼る部分が大きい乗り物であることは事実ですし事故となると重大な事態に陥りかねないとも言えるかもしれません。

バスで長距離を走るとなると、かかる時間も長くなります。

その移動時間が長くて疲れると感じる人のために対策を考えました。

車内で暇を持て余すという人にはモニターが付いた車両をおすすめします。

下を向いた姿勢がつらくて本が読めない人も座席の前にあるモニターでの映画やゲームなら楽しみやすいかもしれません。

それから座った姿勢でいるのが苦しいという人は首や腰を支える枕を用意したり、または大きく座席を倒してゆったり休めるような広めの種類を選んだりするのがおすすめです。

休憩などのときにこまめに動くと体が軽くなりますよ。

旅行に高速バスを使うその利点と言えば、まずは夜行での移動だとすると例として出発日の夕方まで仕事をしたとしても移動中ゆっくり休みながら朝から観光へ行くなどといったように上手な時間の使い方が可能という点が挙げられるでしょう。

参照:高速バス料金はなぜ安い?限定キャンペーンを活用!【予約のコツは?】

究極的には2泊車中泊とすれば間の一日全部を観光に使えるのです。

それから外せないのは格安料金というメリットでしょう。

実際の移動距離からすれば格安の料金設定にびっくりするのではないでしょうか。

体力勝負かもしれませんがお手軽な旅ができそうです。

数ある長距離移動できる乗り物の中でも最安値というとバスが想起されるという人は多いのではないでしょうか。

調べたところ東京と大阪の移動で片道2000円ほどというびっくりするような料金設定の会社も存在します。

そしてこれは夜行だと特にですが睡眠に充てるのにぴったりな移動時間のものが多いので時間を有効利用するためにあえてバスを使うという人もいるかもしれませんね。

新幹線や飛行機と比べるとかかる時間は何倍にもなる場合がありますがその分格安の料金設定になっていると言えます。

メリットデメリットを合わせて検討したいですね。

よく車酔いするという人には旅先の移動というものはプレッシャーです。

そんな不安を抱えたまま旅行に臨むのはちょっと嫌ですよね。

バスでの長距離移動となると自分のグループ以外の人もいますし酔ってしまっても次の休憩まで外に出ることはなかなかかないません。

そこで車酔いしないためのコツをいくつか調べてみました。

バスに乗る前の準備ですが少なめであっさりした食事をとって、不安解消に薬を飲むのも良いでしょう。

特にお腹まわりをしめつけない服装を選ぶのが吉です。

また飲み物は炭酸水がおすすめ。

遠くの景色を眺めるのも意外と効果があります。

移動に高速バスを利用するメリットについて考えてみました。

まず第一に挙げられるのはとにかく料金が格安という点でしょう。

もちろん重要なのは安全面でもありますし安ければ良いわけではありませんので乗務員の勤務体制や健康チェックなど安全対策については調べておきたいですが、とにかく安い交通手段を求めている人にとっては大きな魅力です。

他にも上手に使えば時間も有効活用できるという点も。

夜行で移動すれば乗車中に睡眠がとれるので次の日は朝からでも行動ができます。

これはプライベートの旅行でも嬉しいことですよね。

ちょっとネットで検索しただけでもディズニーランド行きの高速バスの人気は抜群のようです。

日本中にファンがいる国内屈指のテーマパークなわけですからバスを利用する人が絶えることはないのでしょうね。

また現地発着ならば大抵は開園時間に間に合うように着くのでパークの営業時間をすべて思う存分満喫できます。

そのうえ移動にかかるお金を節約できればパーク内で食事やおやつを味わったりお土産を増やしたりもでき、節約分をまた貯めれば行ける回数も増やせるかもしれません。

たくさんの人に選ばれているだけの理由があるということですね。

たくさんの楽しい旅行のために毎日を過ごしているという人も多いでしょう。

せっかくですから使える時間やお金は大事にしたいですよね。

もっとお得に観光するためのひとつの案として長距離バスでの移動が挙げられます。

料金面でのメリットが一番大きいところですが他にもメリットはあります。

サービスエリアが開いている時間なら移動中もいろいろ楽しめますし、夜行で行くなら移動しながら睡眠もとれて翌日の朝ご飯から旅先を味わう!なんてことも可能なのです。

楽しい旅行ですから存分に満喫したいですよね。

突然スケジュールが変更になったりすることもあるかと思いますが乗車する当日でも高速バスを使うことは可能なのでしょうか。

確かめてみますと席さえ空いていれば予約を取って乗車することができる会社もありました。

夜行では割と席が残っていることも珍しくないようなので情報がまとめてあるサイトなどを活用して探してみると良いと思います。

運行本数が多い路線なら希望通りに座席を取ることも可能かもしれません。

ただしその日のうちに乗れるとはいえ予約がなければ乗車することはできませんので忙しくとも事前にとっておきましょう。