IPOの当選確率は基本平等?

IPO株の購入権利は抽選により決められます。
そこで気になるのが当選確率ですが、これは抽選方法によって違ってきます。
各証券会社はどのような抽選方法により購入権を与えているのでしょうか?実は多くの会社が1口座につき1つの抽選権利を与えています。
つまり資金が多い方が一つでも多くの口座開設ができるため、より抽選権利が得やすいという事になります。
1口座で見ると平等ですが、口座数を他会社で多く持っている人の方が、トータルで見るとより当選確率が高い傾向にあるというわけですね。
よって資金が少ない内はIPO株の権利が貰えるだけでラッキーと思ってた方が良いでしょう。
また資金が増えるまではIPO株以外の株売買での運用をメインとしておき、株式で利益が得られたら他口座を開設して当選確率を上げるというのも一つの方法です。