ほけんの窓口の評判は悪い?予約なしで無料相談できますか?

CMを見て保険無料相談を申し込んだけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないいという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談サービスの値段相場は大体5000から20000円くらいが多いようです。

有料相談のメリットとしては、現在の保険の確認だけでも気持ち的に頼みやすいことや実績のあるFP、優秀なFPが担当してくれることが多い。

そのため、お客様の立場で公平中立なアドバイスをしてくれることです。

また、有料相談を行なっているサービスでは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という点もその基準への自信の表れでしょうか。

有料は嫌だという方は、担当者を変えるなど何度も無料相談を行なってください。

いわゆる保険の見直しといえばこちらから行くにしろ向こうに来てもらうにしろやはり面と向かって話し合う場合がほとんどですが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだそうです。

どういった流れになるかというと、最初にネットなどから電話をしてもらう時間の予約をする必要がありますが、あとは担当FPさんからのコンタクトを待つのみです。

通話料もかからないとのこと。

この方法だと必要ないと感じたときに話を切り上げやすいので、顔を合わせるより気楽だと感じる人も多いかもしれません。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、その中で本当に良い会社と出会うということは、至難の業ともいえるかもしれません。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

いろいろな視点で作られたものなので、自分と相性の良さそうな会社がわかりやすくなっています。

一般的に良く知られた会社であってもFPさんとの相性の良し悪しは重要なところなので、位置づけが上のところから面談を始めてみるなど、上手に活かして満足へつなげましょう。

営業の人に言われるがままに保険に加入してしまって実は、内容をちゃんと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを利用してはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険、保障を契約しているか、ライフプランに合う保険ではなかった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、相談した結果、必要のなかったオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていることもあります。

保険無料相談サービスに申し込みをしたけれどなかなか連絡が来なくて面談ができないという人がいるそうです中小のFP紹介サービスの場合、登録してるFPの数が大手サービスの登録者数と比べて圧倒的に少ないためです。

そもそも無料で相談を可能なのは相談者がFPに保険相談をした人が保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約の可能性が低いと判断された案件はサービス側が後回しにしてしまうことがあるという仕組みになっています。

一分一秒でも早く相談をしたい場合は、FPの登録者数の多い大手の仲介業者を利用するか、駅前などにある保険ショップの利用をお考えください。

保険は人生の中でも特に重要な部分を占める出費ですから、見直しをするにも細心の注意を払う必要があります。

考えられるトラブルについては事前に把握し、対応できるようにしておきましょう。

やはり最も不安の大きいところとして勧誘が挙げられるでしょう。

不安をあおって急かしたり、必要かもわからないメリットを強調されたりして納得できる提案がないままうやむやに決断させようとしてくるようなパターンです。

不安なときはこちらの要望を伝えたうえで少し時間を置きましょう。

きちんとした会社なら担当者を替えるサポートも用意されています。

自分でしっかり考えて判断し、無理解のまま流されることのないようにしましょう。

自宅で保険のプロと面談をしたときの心配な面に、不十分な提案だからときちんと断れるのか?という点があると思います。

普通なら押しの強い勧誘は禁止されていたり、合わない担当者であればかえられたりするサポートが用意されているところがほとんどです。

一回話し合いをしただけで全て決めることにはまずならないそうですから、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨を伝えておくというのもひとつの方法です。

FPさんの質やその提案に自信があるところならむしろ他の提案と比較してもらった方が良いので、大丈夫でしょう。

せっかく無料で保険について話し合うことができるのですから、可能な限り無駄のない時間を過ごしたいところです。

見直しを依頼するときに気を付けるべき点は、今現在ある保証や月々の支払額のバランスはとれているか?そしてそれは自分に合っているのかどうか?ということでしょう。

実際の面談までに自身のライフスタイルについて考え、健康診断の結果などあれば用意しておきましょう。

するとFPさんもより提案しやすくなり内容も具体的になります。

また最終的にどこでお願いするかというのはとても重要なので、そちらも慎重に選びましょう。

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

元々は保険相談は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどういった点が異なるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形で報酬が発生しません。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって収入の高い保険)を案内してくる人が中にはいます。

逆に、有料相談では、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

子供のために貯金はしたい!でも家計はギリギリという方は毎月の支出をどうやって節約しましょうか。

一番削りやすいのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできればそのままにしたいですよね。

次に思いつく人が多いのは、毎月の携帯電話料金です。

ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。

携帯料金を節約しても家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを活用した人のブログを見ると現在の契約状況・保障内容を専門家が様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは連絡がマメなところが信頼できたそうなので皆さんも信頼できる方が担当者になるまで様々なサービスを利用するのも良さそうです。

保険無料相談会社の選び方のひとつとして、クチコミが挙げられるでしょう。

それぞれの会社でどんなFPさんと会えてどんな提案をされたのか、重点的に調べてみると良いと思います。

良いFPさんは、特定の商品を勧めません。

顧客について詳細なリサーチの努力を惜しまないので、ライフスタイルに合った提案はもちろん、時には突拍子もないように思える提案に納得させられることもあるそうな。

良いFPさんとの出会いが会社選びを決めるでしょうから、複数の会社での面談を経験することで、対応力や提案力を比較してから最終的な決断をすると良いでしょう。

世間では人生で2番目に高い買い物は保険と言われています。

選ぶ際には、絶対に失敗したくないですよね。

そんなときに便利なのが、保険無料相談でしょう。

身近に店舗がある場合、訪問してくれる場合といろいろありますが、中には面談をすると何かをもらえるところもあります。

何をもらえるかというと、商品券が多いようです。

金額は数千円のようですが、数社合わせれば一万円以上になるでしょう。

プロに話を聞ける上にプレゼントまであるなんて、嘘みたいにお得なお話ですよね。

営利企業なのになぜか無料で続けられているサービスがあります。

そこには何かカラクリがあるはずです。

例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行う会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、相談者がFPに提案された保障を契約することによって保険会社から契約手数料が相談サービス会社に入るという形です。

そのため、加入してもらうことが重要なので、生活状況を聞いて今の生活状況を考えて無理な保険を勧めることは基本的に起きないと思っていいはずです。

また、加入中の保障内容を忘れているから確認だけ、という方も相談無料なので安心して利用してください。

保険の見直しをするのにもお金がかからないのに、おまけに商品券などをくれるところもあります。

ゲットできる方法をいくつか挙げますと、簡単なところでは面談を受けるだけだったり、面談後のアンケートに答えたりといろいろなようです。

額は数千円ほどが多いようですが複数の会社で面談をしたら合わせて数万円にもなるかもしれません。

ただし、もちろんもらうことが目的と判断された場合は無理なので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えてしなければならないことを忘れないようにしましょう。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

保険業法第300条への指針として金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者特典として換金性の高いギフト券やクオカードなどのプレゼントができなくなりました。

では、お米や牛肉など商品そのものをプレゼントしている保険の相談会社はどうなのでしょうか。

実は、前述の指針では景品プレゼントについての具体例は記載されておらず、社会的儀礼として行われる香典などの慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

そのため、今のところは商品プレゼントは「完全にクロ」ともクロともシロとも言えないグレーゾーンと言えます。

参考:ほけんの窓口評判とは?2ch口コミ検証【店舗・取り扱い保険・予約なら】