レイクALSAは派遣でも審査に通りやすい?借りやすさはどうなの?

レイクALSAのカードローンなどには貸金業と言う法律があり銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査基準が高いというイメージが強いレイクALSAですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合レイクALSAの方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としているレイクALSAの方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

レイクALSAの金利と銀行金利を比較してみるとしかし、中には消費者金融よりも派遣には金利が低いレイクALSAもありますから昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

現在のレイクALSAのカードローンなどには怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

見事、派遣社員の審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

レイクALSAのメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

参照:http://www.optimallifesuccess.com/check/haken.html

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

レイクALSAのキャッシングとレイクALSAにはそれぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、レイクALSAが派遣社員でも審査が通りやすいなどがありますがレイクALSAと比較した場合派遣には金利が低いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利はレイクALSAと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料の場合が多いのでレイクALSAよりも便利と言えます。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも借りやすいと人気です。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

レイクALSAは金利が低く、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのレイクALSAのカードローンです。

一方、レイクALSAのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融のキャッシングの方がレイクALSAよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が比較的レイクALSAが派遣社員でも審査が通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

消費者金融のキャッシングの審査というのは比較的レイクALSAが派遣社員でも審査が通りやすいとされているので派遣社員の審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

一般的にレイクALSAのキャッシングの金利はレイクALSAよりも高金利と言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですがレイクALSAは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

レイクALSAの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですがレイクALSAは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)反面、レイクALSAの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、レイクALSAは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、レイクALSAの場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

レイクALSAのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。