NISAと積立NISAの違いって何?

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。

とはいえ本当にただはじめるだけならということなので、収益を上げることを念頭に置いている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAのリスクを紹介します。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回変更できるようになりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAの運用期間は2023年までとなっています。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。