NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年にスタートして、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

日本に住んでいる20歳以上という条件がありますが、実際には一人につき一口座と決まっています。

課税されないというのは素敵な響きですが、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

1年に1回変更できるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAをどのように使うのかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

といったことはよく言われていますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もし投資をしたことがないという初心者なら、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれません

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という条件があり、5年経過後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番有力な候補としてはやはり証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックなどがある場合もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

株式取引をメインに考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。