NISAは何も考えずにはじめるだけなら近所のゆうちょや銀行などでも可能です

ただ悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型になります。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、iDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株を例にとってみると、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックなどがある証券会社もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

ジュニアNISAの制度が終わっても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAのリスクについて説明します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券での口座開設を強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託です。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。