NISAにはいいことだけではなくデメリットもあります

NISAと積立NISAの違いを端的に紹介すると

積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失が発生したときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れる前に通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を株式投資に回すことで、経済全体が活性化するのでは?と考えられて生まれたのだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もし投資自体が初めてという方であれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?あなたがもし初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり気にする必要はないかもしれません。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。