NISAのデメリットは?メリットだけじゃなくて両方知りたい

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAの期間は2023年までです。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

といったことはよく言われていますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引をメインに考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

となるとお金がないと参加は難しいですし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回だけ変更可能になりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?

通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回変更することができるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAのリスクを紹介します。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株だと、1単元あたり数万円から数十万円なので、投資できる数は限られてきます。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。